現在の肺がん治療

肺がんはがん細胞の腫瘍が肺に発症する病気です。肺は人が呼吸して酸素を取り入れ血液に送る役割をしていますので、ここへ、がん細胞ができたなら、心配でなりません。
 
肺がんは死亡率の高いがんとして、助かる確立が少ないと理解している方も多いことでしょう。肺がんは治らない、死に至るというイメージが強く、もし肺がんが発症したと告げられれば、強い不安に襲われることでしょう。
 
しかしそう言われてきてからも、医学は進歩し続けていて、肺がんは治らないという時代は終わり、完治できるという時代にあります。肺がんは、定期検診やがん検診などで、早期に発見し速やかに治療すれば完治できる病気になりました。
 
また、肺がんの予防方法も明らかになってきて、まずは喫煙を止めること、粉じんやアスベストなどの作業環境改善を避けることが、肺がん防止になります。タバコを吸われる方は、これを止めるだけでも、肺がんの予防になります。
 
また、がん治療薬の抗がん剤の研究開発も進み、副作用の少ない抗がん剤の新薬も認可され、治療方法についても、新しい技術が取り入れられています。
 
肺がんは、定期的ながん検診の行い、がんが発見されても適切な治療を受けることで、完治できることを理解すれば、肺がんからの恐怖は克服できイメージも変わります。
 
肺がんについてのメンタルケアも近年は充実していて、医療機関では専門医による肺がんの予防や発症してから、また、治療後の生活指導を行っています。
 
肺がんは現在も死亡率の高い病気でありますが、正しい予防法と定期的な検査を行うことで、様々なリスクを下げ生存率や完治の成功率を上げることが可能です。
 
肺がんと診断され多場合においても、積極的に治療に取り組み、肺がんを克服しましょう。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ