肺がん患者をサポートするメンタルケア

肺がんが発症したことがわかると、一気に心配事が増えます。肺がんは命を脅かす、恐ろしい病気であることは誰もが知っていることです。
 
また、肺がんの治療には胸を大きく切開して手術を行う切除手術があります。この手術は怖くないだろうか、それは心配でなりません。
 
がんの治療といえば抗がん剤の治療がありますが、この抗がん剤の副作用はつらいと聞いているが心配はないだろうか。
 
肺がんに限らず病気にかかることは、何もが心配で、精神的にも不安定になります。これは患者本人だけでなく、家族も同様の気持ちになります。
 
医療機関では、このような患者の不安を払拭するために、さまざまなメンタルケアが行われています。
 
肺がんの場合においても、治療を始める前に、これからの治療や手術がスムーズに行えるように、また、患者の持つ肺がんの治療への不安を取り除くためにサポートします。
 
肺がんのメンタルケアは、がんがまだ進行していない肺がんであれば、治療方法について患者を支え、また同時に家族に対しても同様に支えていきます。
 
患者さんの中には、肺がんの恐怖から精神的に不安定になり、治療意欲をなくすことや、治療が投げやりになる方や、将来を悲観する方もいます。
 
これはすべて肺がんの病魔からの恐怖心です。これを払拭することが、肺がん治療を行う上で大切になります。
 
メンタルケアは、克服の可能性のある患者さんばかりではなく、末期の肺がんの患者さんにもメンタルケアは行われます。これは延命治療のメンタルケアで、最期まで生活の質の向上をはかり、サポートしていきます。
 
このようにメンタルケアは、肺がん治療において、患者やその家族を精神面から支え、サポートする大切な役割を果たします。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ