肺がん予防効果がある食べ物

肺がんの予防に効果があるといわれる食べ物では、フルーツや野菜やお茶が良いといわれています。中でもキャベツやブロッコリーが効果的といわれています。
 
肺がんの研究において予防に効果がある食べ物は、「抗変異原性」「抗発がん性」がある食べ物が良く、これはフラボノイドを含む野菜やフルーツが効果があるといわれます。
 
フラボノイドは高酸化作用を持つポリフェノールの一種で、植物の色素のことをいいます。
 
フラボノイドは細胞の活性化作用があり、活性酸素を抑制し免疫機能を高めます。また、コラーゲン合成を強化し、殺菌消炎作用と高ストレス作用があり、これらは人の身体にとって大切な成分になります。
 
フラボノイドはいくつか性質によって分類され、これにはカテキン、イソフラボン、アントシアニンとよく聞く名前がありますが、これらはすべてフラボノイドに含まれます。
 
そして、フラボノイドを含む食品を取ると、肺がんにかかりにくいことが、研究によってわかっています。
 
また、フラボノイドと同様にお茶が効果的に肺がんの予防に役立ちます。お茶にはカテキンという物質が多く含まれています。このカテキンは、良く名前の知られたもので、さまざまな効果を持っています。
 
カテキンは肺がんにおいても、これをお茶で取ることで発症リスクを減少させます。
 
カテキンの一日の摂取の目安は、4mg取ることで肺がんの予防に効果的に働き、あるデータでは、肺がんの発症リスクが51%抑えられた結果があります。
 
この他にも肺がんの発症リスクを抑える効果があるものでは、イチゴ、リンゴ、サツマイモ、玉ネギ、豆類、ホウレンソウ、ワインや紅茶なども肺がん予防に効果的といわれます。
 
肺がんの予防に効果的といわれる食べ物は、これほど多くあります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ