手軽な検査キットで肺がん検診

肺がんの定期的な検診は、がんの早期発見と早期治療を行うことができ、肺がんを完治できる可能性を高めます。肺がんは自覚症状のわかりにくい疾患ですから、定期的な検診で症状が現れる前に発見することが大切になります。
 
肺がんの検診は、がん検診や健康診断、人間ドックなど色々な検査で行います。医療機関で検査する場合は、胸部のレントゲン撮影で肺がんの検診が行えます。
 
しかしこのような検診が、さまざまな理由でなかなか行えない方に、自宅で行える肺がんの検査キットがあります。これは、肺がんの発見を遅らすことを防ぐことができます。
 
仕事や育児、また介護など家から離れられない方など、さまざまな理由で時間のない方に、是非行っていただきたい、肺がんの検査キットです。
 
このキットは、インターネットで検査キットを申し込みます。そして郵送された検査キットで、肺がんの検査を自宅で行い、再び検査した試料を郵送する仕組みです。送るものは、専用容器に痰を入れます。
 
肺がんは、肺にがん細部があると、痰にがん細胞が含まれます。これを利用して、痰の中にがん細胞がないか検査を依頼します。
 
この検査を行っているところは、信頼度の高いPCR法を採用していますので、検査結果は信頼できます。検査結果は、試料を郵送してからおよそ一週間程度で通知されます。
 
この検査キットの費用は3,000円程度で、送料が別途かかります。また、この検査に関わる個人情報については、完全に保護されていますので安心して受けることができます。
 
この他にも、さまざまながんについての検査キットがあり、例えば大腸がんや胃がん、子宮頸がんなど行えます。
 
がん検診へ行く時間がない方には、是非おすすめの検査キットです。発見が送れて手遅れにならないためにも、定期的に検診を行いましょう。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ