肺がんの予防法

肺がんは予防が可能でしょうか。可能であれば何に気を付ければ良いでしょう。肺がんの予防法について考えてみましょう。
 
肺がん予防を考えるとき大切になることは、肺がんについて知ることです。肺がんの原因は、何と言ってもタバコの喫煙です。タバコの喫煙が原因で肺がんを発症する方は実に多くいます。
 
また、アスベストについては過去にアスベストを扱う職業で、アスベストが空中を舞うような環境で作業を行っていたか、これが大切になります。
 
現在の環境ではアスベストによる肺がんの発症は考えにくく、過去の前述した作業を行ってから、30年から40年が経つと潜伏期間が終わり発症すると考えられます。
 
現在考えられる肺がんの最も発症する確率が高い場合は、以上のこととなるでしょう。では、これらの肺がんの発症原因を考えて、これから私たちが気を付ける事は何でしょうか。
 
肺がんにかかわらず疾患にかからない予防法として、必ず考えられる事は日常の食生活と生活習慣です。これは最も基本的なことで、最も大切なことです。
 
肺がんの予防に大切な食事を考えてみましょう。まず基本は栄誉バランスの取れた、質の良い食事を取ることです。
 
野菜や魚を中心に良質のタンパク質を取り、ビタミンの豊富なミネラル分も必ず摂取するようにします。緑黄色野菜や海藻類などはミネラル分が豊富です。
 
脂肪分やタンパク質、また塩分の摂りすぎは、生活習慣病を招きます。カロリーオーバーも禁物です。
 
肺がん予納に効果的といわれる食べ物があります。グルコシノレートを含むアブラナ科の食べ物が良いといわれます。
 
食事だけでなく、適度な運動が大切になります。運動は、筋肉トレーニングのように激しい運動ではなく、毎日続けられるジョギングなど、自分のペースで行える運動が良いです。大切なことは毎日続けることです。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ