肺がんにかかりやすいかセルフチェック

肺がんにかかるリスクが高いか、そうでないか判断できるチェック項目があります。これは、肺がんにかかりやすいか、自分の状態を知ることができます。
 
如何にチェック項目を記しますので、是非行ってください。
 
1 タバコの喫煙歴が長い
2 タバコは毎日20本以上は吸う
3 タバコを吸い始めた年齢は15歳以下である
4 タバコを吸う方が自分以外に家族にいる
5 以前にアスベストやコータールを吸う仕事に就いていた
6 自宅が幹線道路など排気ガスの多い場所にある
7 自宅のある場所が光化学スモッグの良く発生する場所にある
8 最近痩せてきた
9 原因のわからない発熱がある
10 咳や痰が長く続いている
11 息苦しく感じる
12 胸が痛む
13 血の混じった痰が出る
14 最近声がかれてきた
15 どちら勝いえばストレスに弱い方だ
16 これまで一度も肺がん検診を受けたことがない
17 これまでに痰の細胞診の検査を受けたことがある
18 これまでに胸部ヘリカルCT検査を受けたことがある
19 以前に間質性肺炎(肺線維症)塵肺・COPDにかかったことがある
20 両親のどちらかが肺がんにかかったことがある
 
以上が肺がんにかかりやすいか判断するチェック項目です。このチェック項目で、当てはまるものが多いほど、肺がんにかかりやすいことになります。
 
チェック項目にもあるタバコに関しての項目で、タバコを吸う方や家族にタバコを吸う方がいる方や、アスベストに関係した仕事に就いていた方は、年に一度の肺がんの検診を受けられて方が良いでしょう。
 
肺がんの発症リスクが高くなっています。手遅れにならないためにも、また、肺がんになっても克服できるように、検診に生行きましょう。
 
タバコを吸われている方は、すぐにでもタバコを止めましょう。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ