肺がんの抗がん剤を使う化学療法

肺がん治療で抗がん剤を使う治療法を「化学療法」または「薬物療法」と言います。抗がん剤は注射や点滴によって投与します、
 
抗がん剤にはさまざまな抗がん剤が認可されています。抗がん剤ががん細胞に働く仕組みは、がん細胞は正常な細胞よりも細胞分裂が早く、これを妨げ成長を遅らせ増殖を防ぎ、死滅するように働きかけます。
 
ただ、抗がん剤は全身に作用し、発見された患部のがん細胞だけでなく、全身に潜むがん細胞に対して効果を現します。これは、正常な細胞にも作用することを意味しますので、当然副作用が現れます。
 
肺がんの患者のおよそ半数の方は、抗がん剤の治療法を行います。抗がん剤は、効果のある肺がんと、そうでない肺がんの種類があり、最も効果的に現れる肺がんの種類は、小細胞がんで、効果の期待は90%以上と言われます。
 
肺がんで抗がん剤の治療法が行われるケースは、切除手術など外科手術ができない場合や、肺がんが転移して、手術が困難で効果が期待できない場合に行われます。
 
抗がん剤の治療は、通常3~4週間を一つのサイクルとして考え、これを何度か繰り返します。抗がん剤を使用した治療法は、効果的にがん細胞を死滅することができますが、やはり副作用は避けられない症状です。
 
肺がんの治療で行う抗がん剤の副作用は、吐き気や脱毛や血液の白血球の減少などが起こります。
 
この副作用は、抗がん剤ががん細胞だけでなく正常な細胞にも効果を現し、その影響は骨髄にある造血細胞や頭皮の毛根細胞、そして、消化器の粘膜などに作用します。
 
抗がん剤の副作用は、患者によって現れ方は違いますが、強く現れる方はがん治療と同時に副作用とも戦わなければならないほど、辛い症状の方もいます。
 
抗がん剤の治療法は、副作用も考え患者の投与には慎重さが必要です。
 
抗がん剤の治療は、複数の抗がん剤を組み合わせて使用する方法や、「分子標的治療薬」を使う治療法も行われますが、肺がんが小さくならないケースや、再発するケースもあり、必ず効果賀を現すとは断言できません。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ