限られた肺がんにできるレーザー療法

肺がん治療で、近年注目を集めている治療法がレーザー療法です。この治療法は、限られた肺がんにのみ行うことができる治療法です。
 
レーザー療法は肺門型の肺がんで気管支の内部に発症したがん腫瘍に対して、効果的な治療が行える治療法です。
 
レーザー療法は気管支鏡を見ながらがん細胞に直接レーザーを照射して治療しますので、表に出ている患部にしか行えず、肺の奥深い患部や粘膜の下にできたがんに対しては、この治療法は行えません。
 
なた、肺がんが早期のがんであることが条件で、進行した肺がんにはレーザー療法が行えないケースがあります。レーザー療法のメリットは、副作用や後遺症が起こりにくいことです。
 
レーザー療法にはふたつの方法があり、「腫瘍焼灼法」と「光線力学的治療法(PDT)」です。
 
レーザー療法は、この治療を行う前に肺がんの腫瘍に、光があたることで科学反応を起こす光感受性物質を使い、効率よく効果的に治療が行えるようにします。
 
また、がん腫瘍のみにレーザーが照射されるので、まわりの正常な部分にはダメージはなく、副作用もありません。
 
もちろん肺へのダメージも負担もなく、患者に与える影響も少ないので、高齢の患者や体力の少ない患者にも、このレーザー療法は行えます。ただ、治療後は光に対して過敏になっていますので、遮光する必要があります。
 
このレーザー療法はごく限られた肺がんにのみ行うことができ、それは、がんのステージが0期のごく初期の肺がんで、腫瘍の発症場所が気管支内腔であることと、腫瘍の大きさが2cm以内であるとき、レーザー療法は可能になります。
 
ごく限られた場合のみの治療法ですが、早期に発見できたからこそできる治療法です。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ