肺がんの最近の放射線療法

肺がん治療で患部にX線などを照射する治療法を、放射線療法と言います。この放射線療法は、他の肺がんの治療法と併用して行われることが多くなります。
 
肺がんの治療法は、まず患部を切除する切除手術を検討します。しかし、これ以上の治療が必要な場合に放射線療法が考えられます。
 
肺がんの切除手術を行ったが、まだ切除できなかったがん腫瘍がある場合や、リンパ節に転移がみられる場合や、切除できない場所にがんの腫瘍が確認できた場合など、さまざまなケースがあります。
 
また、放射線療法と併用で抗がん剤を投与する治療も行われます。
 
放射線療法は、がんの腫瘍にX線などの放射線を照射して、がん細胞のDNAに変化を与え、がん細胞を死滅させる治療法です。
 
がん細胞の活動は、正常な細胞に比べて細胞分裂が早く、活発に活動しています。これに放射線を照射することで、がん細胞の遺伝子を破壊し、活動的なために放射線の影響を受けやすく、死滅する効果がある治療法です。
 
放射線療法は、何度のがん細胞に照射することで効果が現れ、がん細胞の腫瘍を小さくしていきます。回数は患者の状態にもより、通常一日に一回の照射が行われます。
 
これを一週間に5日行います。放射線のすべての照射回数は、10回から30回と患者の症状によりまちまちです。
 
放射線療法にも副作用があり、幹部の周辺の正常な細胞にも放射線が当たるため、咳や喉の痛み、食道炎や皮膚炎を引き起こします。この副作用が強く出た場合は、ステロイドホルモン剤を使い症状を抑えます。
 
放射線療法には、更に患部にピンポイントで照射する治療法があり、これには「定位放射線治療」や「陽子線治療」が行われます。
 
これらの放射線療法は、患部の大きさを立体で計り、がん腫瘍のみに照射することができ、小さながん腫瘍にも、ピンポイントで照射できます。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ