肺がんは再発と転移が起こりやすい

肺がんで一番問題視されることは、がんの転移と再発です。肺がんの治療がうまく改善でき症状もなく、がんが沈静化していても、数年後に突然がんが再発や転移して現れることがあります。
 
この転移と再発は、一度肺がんにかかると、健常な方より発症する確立が高くなります。このため、常に再発と転移を観察する上で、経過観察が重要になります。
 
肺がんの場合、最初の発見が早期で速やかに治療し、がん腫瘍を根治し再発はないと考えていても、およそ10%~20%の方にがんの再発は現れます。
 
最も現れにくいと考えられる、肺がんの送金場合でも、がんを発症していない方に比べると、そのリスクは高くなっています。
 
再発したときのがんは、以前に使用した抗がん剤に対して、耐性を持った強いがん細胞になっていて、前回に使用した抗がん剤は効果を現さないケースがあります。
 
再発の肺がんには、抗がん剤を換えて、可能であればがん腫瘍の切除手術を行い、また必要であれば放射線療法を行います。
 
肺がん転移は再発と同様に、高い確率で発症します。肺がんの転移は、どこかに日損でいたがん細胞が血液の流れによって運ばれ、肺とは違った場所でがん腫瘍を発症します。
 
この場合の発症場所は特定できず、予想も難しいです。この為に重要なことは、必ず医師の指示通りに経過観察を行い、定期的に検査を受けることです。
 
肺がんが再発・転移しやすい場所は、リンパ節、骨、脳などに発症しやすく、骨髄に手にするケースもあります。
 
肺がんの場合再発も転移も起きやすく、再発・転移した肺がんは進行も早く治療が困難な場合が多くなります。必ず経過観察をして、再発の防止に努めましょう。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ