肺がんの治療法を選択する

肺がんの治療法は「外科療法」「放射線療法」「化学療法」が取られことが通常です。これは、肺がん治療に最も効果的という実績があり、肺がん治療では確立した治療法です。
 
しかし、放射線療法や抗がん剤の使用には副作用があり、患者編負担が大きく体力の温存にも影響します。患者は、副作用を軽減した治療法を望む方もいます。
 
これまでの治療法が確立していて、肺がん治療に最も効果的だが、もっと自然に治療できる、副作用の少ない治療法が求められています。
 
この治療法で注目を集めている治療法が「免疫療法」です。
 
この「免疫療法」は、人の身体は外からの細菌やウィルスに対して侵入を防ぐ機能があります。つまり外からの攻撃に対して、立ち向かう機能を利用して、がん細胞からの攻撃に応用しようとする考えです。
 
「免疫療法」は通常「免疫促進剤」を投与して、身体の免疫力を高めます。
 
また、「免疫細胞療法」というこれも免疫療法を利用した治療法があります。「免疫細胞療法」は、免疫細胞を自分の血液から採りだしこれを培養して、更に活性化して強くし、点滴で患者の身体へ戻します。
 
この療法では自分の血液から採取した免疫細胞ですから、副作用の心配はなくがん細胞を効果的に攻撃します。
 
更に、身体の負担を軽減した肺がん治療を行いたい方のために、漢方薬やサプリメントといった治療法を行う方もいます。
 
伝統医学や民間療法などは、現在一般的に行われている肺がんの治療に比べると、効果の現れ方や、症状の改善には違いがあります。
 
この療法は、肺がんの進行状態によっては効果的に経過が診られますが、確立された治療法ではありません。
 
肺がんの治療は西洋医学だけが治療法ではありませんが、東洋医学は全く別の方向から改善を試みますので、これは併用して考えることも治療の選択の一つです。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ