肺がんの治療に行う外科療法

肺がん治療において外科手術は、がん細胞を切除することで根治が可能な治療法です。肺がんの進行度がⅠ期・Ⅱ期の早期の場合に、切除手術が行われます。
 
肺がんの切除手術は、胸を大きく切開して肋骨を切り外し、肺に出来たがんを切除する方法が取られます。この方法では、大きく胸を切り、肋骨まで切り外しますので、大がかりな手術になり患者の負担も大きくなりました。
 
患者は切開した胸の傷跡も残り問題もありますが、医師が直接見て手術できる最大のメリットがあり、的確にがんを切除できました。
 
しかし近年は、この手術法に変わり胸の切開は行わず、また肋骨の切り外しも行わない、患者負担の少ない方法が取られています。
 
この方法は「胸腔鏡手術(きょうくうきょうしゅじゅつ)」といい、胸に2~3cmの穴を開け、これより胸腔鏡や機器を入れて操作し手術を行います。
 
そして、患部を確認しながら、がん腫瘍を切除する方法で、手術の傷口が小さく患者の負担も少なく回復が早いというメリットがあります。
 
肺がんの切除手術は、「肺葉切除」と「一側肺全切除術」が行われることが一般的です。
 
「肺葉切除」は、肺の肺葉と呼ばれる部分を、がんに侵されている部分のみ切除する方法です。「一側肺全切除術」は、二つある肺のうち、がん侵された片側の肺を全部摘出する手術です。
 
肺がんがまだ小さな腫瘍であれば、「肺部分切除術」を行い、肺の温存を図ります。もしがんが周辺のリンパ節に転移していれば、リンパ節を切除する「リンパ節郭清(かくせい)」が行われます。
 
肺がんの外科療法は、がんの進行状況にもより、外科手術ができない箇所のあります。また、手術自体ができないこともあります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ