さまざまな肺がんの治療法

肺がんの治療には様々な方法があります。肺がんの治療法は大きく分けて、患部に行う「局所治療法」と全身に行う「全身治療法」があります。
 
また、これとは別の分類の仕方で分けると、「外科療法」「放射線療法」「化学療法」に分けられ、この治療法はいくつか組み合わせて行われます。
 
この治療法について少し説明します。
 
「外科療法は」がん腫瘍のできた部分を切除する、外科手術を行う治療法で局所療法になります。この治療法は、最もがん治療に効果的で、完治できる可能性のある治療法で、早期の小さながんであれば完治できます。
 
「放射線療法」患部にX線などを照射して、がん細胞を死滅させる治療法で、肺がんの治療には良く行われる治療法です。この場合も局所療法になります。
 
肺がんでは転移していない肺がんに行われる治療法です。また、外科手術のように患部を切除することがないので、臓器を温存することができ、患者負担も少なく回復も早く期待できます。
 
「化学療法」は、抗がん剤を使ってがん細胞を死滅させる治療法で、全身治療法になります。化学療法は、肺がんが進行したがんについて行われ、抗がん剤は注射や点滴によって投与されます。
 
抗がん剤は、副作用が強く食欲不振などの障害が出て、体力の温存が治療の課題になります。
 
以上の治療法は、肺がんにおいては進行の状況によって治療法が変わり、初期の肺がんであれば外科療法が行われ、それより進行している肺がんには放射線療法、更に進行している場合は化学療法が行われます。
 
近年は、様々な新しい治療法が研究・開発され、レーザーー治療法や遺伝子を利用した治療法も行われています。
 
これらの治療法は、肺がんが初期であればそれだけ治療法の選択もできますが、進行して状態が重症化すると治療法が限られてきます。肺がんは早期発見・早期治療が完治へつながります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ