肺がんの末期症状と延命治療

肺がんの末期症状はどのような症状なのか、想像すること恐ろしいことですが、これについて考えてみます。
 
肺がんが末期の状態になると、医師より余命の宣告がされ、がん治療は延命治療になります。肺がんの症状は、末期になると様々な痛みとの格闘になります。この痛みは、肺がんが進行するにつれて、徐々につらいものになります。
 
この痛みは常時襲ってきて、モルヒネを投与して痛みをコントロールしなければ、耐えられない痛みになります。
 
また、がん治療において行う放射線治療や抗がん剤の投与は、いろいろな副作用を招き、食欲不振や吐き気をもよおします。このため、十分栄養が取れず体力も落ちていき、身体も痩せていきます。
 
肺がんは呼吸器である肺にがんの腫瘍ができるために、呼吸に関する障害がでてきます。
 
例えば肺がんが進行するにつれて呼吸困難に陥り、常時酸素吸入が必要になってきます。また、食事を取れなくなり、飲み物も難しくなりますので、点滴での栄養補給になります。
 
肺がんが末期になると、様々な場所への転移が重篤になり、脳への転移が診られると、身体の麻痺や言語障害などの障害が現れてきます。
 
患者は歩くことができなくなり、言語障害が起こるとうまくしゃべることが難しくなります。また、性格が変わってしまったり、意識がハッキリしていないために、知人の顔もわからず家族の顔も判断できない場合もあります。
 
がん治療において末期の状態の症状は、痛みとの戦いになります。既に回復の見込みがなく、医師に余命宣告されても、命ある限りの生活の質は保たなければなりません。
 
この為の延命治療は、回復を諦めるのではなく、患者の痛みを和らげ負担を軽くして、残された余命を意味のあるものにすることが大切になります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ