肺がんの原因になるもの

肺がん原因はどのようなものが原因になるかご存知でしょうか。まず考えられる原因が、タバコの喫煙です。タバコは肺がんに限らず、動脈硬化など様々な疾患の原因になると考えられています。
 
タバコにはニコチンやタールなどの有害な物質を始め、200種類以上の発がん性物質を含んでいます。
 
喫煙されている方は、健康への影響やタバコの害については既に周知していることであるにもかかわらず、禁煙に至らないことは、タバコが中毒性のあるもので意志とは関係なく禁煙できない現状があります。
 
タバコを喫煙される方と吸わない方を比較した肺がんの発症率は、男性で4.5倍、女性で4.2倍と、どちらにおいても高い発症リスクがあることがわかります。
 
肺がんの発症リスクは、タバコの喫煙を止めるだけでもかなり低くなることは、上記した発症率の比較でもわかると思います。喫煙されている方は、できるだけ早く禁煙することをおすすめします。
 
肺がんの原因はこの他にも、近年社会問題にもなったアスベストの吸引による発症です。
アスベストは建築資材や建物の防火剤として使われてきたもので、この物質を吸引することで中皮腫を発症します。中皮腫は、胸にある胸膜の中皮細胞に悪性の腫瘍ができ、これは肺がんと同様に肺疾患としては重篤な疾患とされています。
 
アスベストは既に使用が禁止されていますが、古い建物には使われたものが多く、アスベストの使われた建物の解体には、様々な規定や制限があります。
 
また、以前にこのようなアスベストを使う作業環境にあった方には、現在発症していなくても、発症するまで数十年間という長い潜伏期間があるため、今後、中皮腫や肺がんの発症する方が増えると予想されています。
 
肺がんの原因として考えられるものでは、遺伝によるものもあります。また、ラドンという放射線の影響による発症があります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ