肺がんの自覚症状

肺がんで現れる症状は、初期の症状は自覚症状はほとんどありません。自覚症状が現れるときは、肺がんはかなり進行している状態にあります。
 
肺がんの症状は、肺がん自体にがん腫瘍が発症する場所や症状に個人差がありますので、すべての方が同じ症状ではありません。
 
一般に肺がんの症状は、激しい咳、血痰、胸の痛み、息切れなどです。肺がんは、がんの腫瘍ができる場所によって、肺門型と肺野型に分けられます。
 
肺門型は肺の気管支の付近に腫瘍ができる肺がんで、一般的な症状がみられ、ひどい咳や痰が出るなどの症状が現れます。がん腫瘍の発生場所は、気管支の入り口付近が最も多く発症します。
 
肺野型の肺がんは、肺の奥の肺の先の方にがんの腫瘍が発症します。この為に自覚症状がほとんどなく、異変を感じた頃にはかなり進行しているケースが多くみられます。
 
肺がんは全般的に初期症状がわかりにくいと言われていて、自覚症状が現れる頃には、がんがかなり進行している例がほとんどのケースです。
 
肺がんの治療を行う上で重要なことは、がんの転移です。
 
肺がんも他のがんと同様に転移します。肺がんが進行して転移する場所は肋骨(ろっこつ)や脊髄(せきずい)、胸膜(きょうまく)などに転移し、この場合強い痛みを伴います。
 
特に肋骨への転移は、強い痛みを伴います。また、転移した箇所の骨が骨折するケースもあります。肺がんが漿膜に転移した場合の症状は、咳や胸の痛みや胸に水が溜まり呼吸困難を起こします。
 
肺がんの転移はリンパ節を介して進み、リンパ節が腫れてしこりのような症状が現れることもあります。
 
この他の肺がんの症状は、発熱や食欲不振や関節痛がみられます。発熱などの症状は、他のがんや疾患にも共通していえることですから、身体に異変を感じたら医師の診察を受けましょう。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ