肺がんの現状と今後

肺がんの発症患者数は、他のがんから比較して世界的にみても、患者数の多いがんです。世界の統計では、毎年130万人の患者が死亡しており、最も死亡率の高いがんになります。
 
男女別でみると、女性に比べて男性の方が多く、この原因は男性の喫煙率が高いことが考えられます。しかし、近年は女性の喫煙率も上がっていて、肺がんの患者数に男女差はなくなると予想されています。
 
タバコには発がん性物質を多く含む、がんの発症に大きく影響するものという意識があります。これは、社会的にも周知されたことで、禁煙を推奨する動きは高まり、例えば公共の場所での禁煙は、マナーとして確立しています。
 
このような社会的な動きから、タバコの喫煙者は減少傾向にあり、肺がんの発症患者や減少すると考えたいのですが、医師や肺がんの研究者からは、今後肺がんの患者数は急増する恐れがあると懸念されています。
 
これは。タバコが肺がん原因であるが、他の原因であるアスベストの原因に注目されます。
 
アスベストは建築資材で、建物の防火剤に使われてきました。便利な建築資材であったため、過去に建てられたの建物にはたくさん使われましたが、安全性に問題があることがわかり、現在は使用が禁止されています。
 
しかし、現在もアスベストの使われている建物は残っており、解体や改装が進められています。この解体や改造における、アスベストの取り扱いについて厳しい規制があります。
 
アスベストを使う作業環境にあった方は、過去に吸い込んだアスベストが原因で、中皮腫を発症する確立が非常に高いです。
 
アスベストによる中皮腫は、肺の細胞をがん化させ肺がんを発症します。この肺がんが発症するまでの潜伏期間は、およそ30年から40年と言われます。
 
この潜伏期間とアスベストのよく使われていた時期を考えると、2020年頃にアスベストによる肺がんの発症患者が急増すると予想されています。
 
肺がんの予防には、がん検診を年に一度受けることが肺がんの早期発見になります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ