発見しにくい肺がんの初期症状

肺がんに現れる初期症状は、血痰(けったん)やひどい咳の出る症状があります。この異変には特に注意し、現れた場合は速やかに医師の診察を受けることが大切です。
 
肺がんはがんの腫瘍が発症する場所によって、肺門型と肺野型のふたつの種類に分かれます。肺門型は気管支付近を中心に発症する肺がんで、気管支の入り口付近が最も多く発症します。
 
初期症状では、頻繁に咳が出始めカゼに似た症状が現れます。これと同時に発熱を起こす場合がありますので、カゼと勘違いして市販のかぜ薬を飲まれる方が多いようです。
 
その後、症状が進むと痰に血の混じった血痰が出ます。この血痰には、がん細胞が混ざって出る場合があります。
 
また、声がれの症状が現れ、食欲不振や身体がだるくなり、時間が経つにつれ痩せてきます。
 
これらの症状は風邪の症状とよく似ていますので、十分に注意して異変を感じたら医師の診察を受けましょう。市販のかぜ薬を飲んでも、全く改善しないと気付いたときは、速やかに医師の診察を受けることです。
 
肺野型肺がんの初期症状はほとんどと言っていいほど、自覚症状はありません。自覚症状が現れ異変を感じた頃は、肺がんはかなり進行していると考えられます。
 
肺野型の肺がんの発見には、定期的ながん検診などで、レントゲン検査を行うことが早期発見につながります。肺野型の肺がんは初期の状態では、レントゲン検査でも映らない場合があり、判断には難しいところがあります。
 
しかし、肺がんの早期発見には、定期的ながん検診やレントゲン撮影が効果的で、がん治療においては、早期発見早期治療が完治へつながる一番の治療法と考えています。
 
症状が現れた場合は、速やかに医師の診察を受けるようにして、仕事が忙しいなどの理由で放置しないことが大切になります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ