肺がんのステージとその症状

肺がんに限らず、どのがんにも病期(ステージ)が決められています。これは、がんの進行状況を表し、0期から4期に分類されます。肺がんの治療にはこのステージが基準にされ、治療方法を検討します。
 
このステージを肺がんの中で最も多い、小細胞肺がんを例にその症状などを考えてみます。
 
肺がんの極めて最初の段階のがんは、どこにあるか発見が難しく、レントゲン撮影の検査では発見は難しいでしょう。
 
喀痰(かくたん)にがん細胞が含まれていることがありますが、がん腫瘍の場所は特定できないでしょう。このころは、肺がんは潜伏している状態で潜伏期になります。
 
0期の肺がんで、レントゲンの検査で発見される、ごく初期の早期肺がんになります。この時期の肺がんの発見は、まれなケースでほとんどは発見されません。
 
1期の肺がんになるとがんの腫瘍の大きさも判断できます。肺がんは気管支だけにある状態で、その腫瘍の大きさは、3cmを境にそれ以下を1A期とそれ以上を1B期に区別します。
 
これは腫瘍の大きさだけで判断します。がんの腫瘍が3cm異常の1B期になると肺に広まり、気管支をふさぐこともあります。
 
2期になると肺がんはリンパ節に広まります。
 
3期になると周辺の色々な場所へ転移し、胸壁や胸膜へ広がります。3A期は肺門リンパ節や食道のリンパ節に広がって転移し、3B期では縦隔や首のリンパ節に転移し胸に水が溜まる症状が現れます。
 
4期になると肺がんは、肺だけにとどまらず脳へ転移し、また肝臓へも転移します。この状態になれば肺がんは末期といわれる状態になり、延命治療に切り替わることになります。
 
肺がんの小細胞肺がんの場合ふたつのタイプがあり、肺の片方とその付近のリンパ節にがんが広がる限局型と全身にがんが転移していく進展型があります。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ