肺がんとタバコの因果関係

肺がんとタバコの関係は、因果関係にあり誰のが周知のことです。肺がんの発症は、タバコを吸う喫煙者のうち、男性が7割、女性では2割の方が発症します。このことからもタバコ、イコール、肺がんの公式は成り立ちます。
 
肺がんの種類である「扁平上皮がん」「肺腺がん」「小細胞がん」「大細胞がん」のうち、タバコが原因で発症する最も多い肺がんは「扁平上皮がん」と「小細胞がん」です。
 
このふたつの肺がんは、いずれも気管支に発症するもので、タバコが気管支に影響していることがいえましょう。
 
タバコによる肺がんの発症リスクは、喫煙しない方と一日20本吸う方では、およそ7倍以上のリスクがあり、咽頭がん(いんとう)に至っては発症リスクは90倍以上と、非常に高い確率になります。
 
肺がんの発症とタバコの関係は、タバコを吸い始めた年齢にも関係し、その年齢が若年層であれば発症のリスクは高くなります。若いときからタバコを吸っていた方は、出来る限り早く禁煙することが、肺がんを発症しない方法です。
 
タバコを吸わない方にもタバコで問題になることは、受動喫煙について理解しているか考えることです。
 
受動喫煙は、タバコを吸わない方でも、喫煙する方の近くでタバコの煙を吸うだけで、肺がんの発症のリスクが高くなることです。
 
これは、喫煙する方もしない方も、両者が気を付けなければならないことです。特に子供や乳幼児の前では、タバコを吸うことは気を付けなければなりません。
 
子供や乳幼児にとっては、肺がんよりも怖い突然死や心筋梗塞の恐れがあります。
 
肺がんの発症のリスクはタバコを止めるだけでも低くなります。喫煙している方は、これを十分に理解することが重要で、すぐにでもタバコは止めることです。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ