肺がんの四つの種類

肺がんの種類は大きく分類すると四種類に分類されます。これらの種類の肺がんは、症状や発症する場所も違いますので、治療法にもそれぞれの治療法があります。
 
肺がんの中で最も多い肺がんが「肺腺がん」で、肺がんにかかる患者のおよそ半数がこの「肺腺がん」にあたります。「肺腺がん」はタバコを吸わない女性の方が多く、かかりやすいと考えられています。
 
このがんは、肺の奥の末端に発症し、唾液腺の腺組織に似ていることからこの名前が付いています。
 
次いで多い肺がんは、「扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)」で、肺がんの患者のおよそ30%がこれにあたります。「扁平上皮がん」はタバコによる影響を受けて発症する肺がんで、気管支付近にできる肺門型の肺がんになります。
 
この名前は、皮膚の扁平上皮に形が似ていることからこのように呼ばれています。「扁平上皮がん」はタバコによる発症が原因と考えられている他に、遺伝性の肺がんの発症率が高いことがわかりました。
 
家族に肺がんの方がいる家族では、このタイプの肺がんに注意が必要で、がん検診は習慣で受けるようにしましょう。
 
がん細胞が小さな肺がんは、「小細胞がん」と言います。「小細胞がん」は肺がん患者の15~20%の割合で発症し、気管支付近の肺門型の肺がんです。
 
また、「小細胞がん」の特徴は、がんの進行スピードが速く、他への転移を起こしやすいことです。肺がんの検診で気を付けなければならない肺がんで、年に一度のがん検診が望まれます。
 
肺がんの発症患者の中で最も少ない肺がんが「大細胞がん」です。この肺がんは、肺の先の末端部分にでき、がん細胞が多きことが特徴です。
 
また、がんの進行が早く転移のしやすいがんで、どちらかと言えば厄介な危険な肺がんです。その上治療を終えた後も再発しやすい肺がんで、治療後の経過観察が重要になります。
 
もし、肺がんが発症したら、自分はどのタイプに属するのか、医師に確認が必要です。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ