肺がんを発見する検査方法

肺がんの検査にはいろいろな検査方法がありますが、一般的な検査は胸部レントゲン検査です。肺がんの中でも肺野型の肺がんは、効果的に早期発見ができる検査です。
 
また、撮影時間も短いことから、手軽に行えるメリットがあります。会社の健康診断や人間ドックなどで行われるがん検診も、この胸部レントゲン検査が行われます。
 
肺がんの検査は、喫煙者や肺がんの疑いのあるような方には、更に胸部CT検査が行われます。胸部CT検査は、X線で胸部を撮影し、コンピュータ処理で身体を輪切りにした画像を映し出します。
 
この検査では、レントゲンでは映し出すことのできなかった肺の裏側のような陰の部分も観察することができ、また、より小さながん細胞も発見することができます。
 
CT検査にはヘリカルCTという検査方法もあり、これは肺全体をらせん状に映し出し、肺を三次元の立体的に映すことで、より細かな検査を行い観察することができます。
 
肺がんが発症してからの検査でもCT検査は用いられ、肺がんが他へ転移していないか調べる場合にCT検査を行います。
 
肺がんは転移するときに、リンパ節を介して転移します。このリンパ節に転移していないか、CT検査なら詳細に検査することができます。
 
CT検査に似た検査方法で、磁気を利用した検査方法でMRIと言う検査方法が、この方法でも肺がんの検査が行われます。MRI検査も肺がんの転移がないか、これを調べる検査に使われます。
 
この他には、がん細胞がないか調べる検査を行います。肺がんにかかると血痰と言い、血の混ざった痰が出ます。そして、この痰には肺のがん細胞が一緒に出ることがあります。
 
この痰を顕微鏡で検査し、痰にがん細胞がないか検査します。この検査は、喀痰細胞診検査(かくたん)といい、肺がんの検査では良く行われる検査です。
 
この検査で発見される肺がんは、肺門型の肺がんが効果的に発見でき、早期発見に役立っています。
 
この他にも肺がんの検査には、擦過細胞診、経被肺生検、気管支鏡検査などがあり、様々な方向からがんを発見することができます。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ