肺がんについての捉え方

肺がんはタバコを吸うことで発症リスクが格段に上がることは、誰もが知っている事実でしょう。肺がんは日本人の死亡原因の最も多い疾患になります。健康のために禁煙をする方は、近年の社会的風潮で多く見受けられます。
 
日本は、諸外国の先進国に比べ、喫煙に対する規制が緩いと言われています。また、喫煙に対する意識も低いと言われます。これが、日本人の死亡原因で最も多い疾患が、「肺がん」という理由ではありません。
 
肺がんが日本人の死亡原因で最も高い理由には、大気汚染が考えられます。
 
現在は環境問題に社会が関心があり、大気汚染という言葉があまり報道されなくなりましたが、昭和の時代は、大気汚染や水質汚濁など、環境問題は良く報道されました。
 
今から30~40年前は、日本の空はとても汚れていた時代でした。この潜在的要因は現在も続いています。
 
肺がんは初期の自覚症状がわかりにくい疾患です。初期の症状は、自覚したとしてもカゼの症状に似ていて、つい市販の薬で改善しようと考える方が多くいます。
 
これは、日常的に医師の診察をカゼでは受けない習慣があり、市販のかぜ薬で治そうとする、仕事に忙しい方が多いことが理由にもなります。
 
咳が出て痰がいつもより多く出る、そして、少し発熱がありのどの痛みがある。このような症状が現れたときに、仕事に忙しいあなたならどうしますか。
 
ドラッグストアでかぜ薬を求めませんか。ドラッグストアの店員も「カゼでしょう」と言うでしょう。
 
このような肺がんの発見を遅らせることは、日常考えられる行動です。かぜ薬は何日飲んでも、肺がんは改善されません。いよいよ重傷になってから医師の診察を受け、肺がんと聞くなり強いショックを受けるでしょう。
 
肺がんは、「腺がん」と言う種類の肺がんが最も多く。患者のおよそ半数がこれにかかります。自覚症状がほとんどなく、早期発見の難しい肺がんです。
 
肺がんの恐ろしいところは、リンパ節や血液を介して他へ転移することではなく、浸潤(しんじゅん)といい、肺にできたがん細胞のまわりにがん細胞が浸食して、正常な細胞をがん化させることです。
 
肺がんはこの浸潤と転移のスピードが速いことが特徴です。


もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があるとしたら、あなたはチャレンジしてみたいと思いませんか?癌の治癒100%、再発0%に挑戦する井上先生の理論です。
>> 詳しい詳細はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ