レーシック情報

レーシックできない人もいる?レーシック不適応について

投稿日:

レーシック手術で不適応はあるのか

品川近視クリニックに限らず、レーシックには不適応の場合があります。そして、その理由は、大きく分けて3つあります。

まず、その理由のひとつとしてあげられるのは数年前に適応検査を受けたという場合があります。この場合は当時の機器や技術では仕方が無いということもあるのでクリニックに責任もないようです。

さらに、適応検査を受けたクリニックが導入している機器が古い、機器が新しくても、クリニックの検査技術が未熟であることがあげられます。

これらを見ても、ポイントとなるのは検査機器とクリニックの検査技術ということが言えるでしょう。
 

数年前に受けた適応検査

レーシックの手術において使われる新しい機器や技術は常に進化し続けています。5年前と現在では、使われている機器や検査技術はかなり異なっていると言えるのです。

そのため、適応検査を受けたのが、その頃流行していたレーシックの手術方法である場合、には、自分自身では不適応であると思っても現在の機器と技術ならレーシックが受けられるという場合もあるのです。

ですから、以前はレーシックを受けられかった方も、再検査を受けてみると手術を受けられる場合もあるので再検査してみるとよいでしょう。

再検査を受ける場合、最新の機器や技術を導入していていること、症例数や経験が多い、といった複数のクリニックで、適応検査を受けてみることがおすすめです。
 

導入機器が古い

レーシックの手術を受けるクリニックが、以前の機器しか導入していない場合、いくら最近の適応検査を受けたからと言っても、実質の手術は古い機器での方法しか受けられないのであれば、昔に適応検査を受けたのと同じということになります。

また、導入機器が新しくても、クリニックの検査技術が未熟な場合も、不適応になる場合があります。

クリニックの個々それぞれに合わせる技術が未熟である場合、中には間違った適応検査の結果を貰ってしまう人もいることも考えられることです。

さらに適応検査は、その時の目の疲れ具合などによっても、異なる検査結果が出ることも考えられます。

このようにレーシックには不適合である場合があるので、手術を受ける場合は、しっかりとクリニック選びをすることが重要だと言えるでしょう。
 

レーシック手術を受けられない場合は?

レーシックは画期的な視力矯正技術ですから、多くの近視に悩む方々が安全に、短時間の手術によって、眼鏡やコンタクトレンズから解放され、視力を取り戻しています。

芸能人や一部スポーツ選手などもレーシックを受けたことを公表しているため、認知度も高まっています。しかし、残念ながらどんな人でも必ず受けられるというものではないのです。

角膜を薄く削るという手術の特性上、どうしても一定以上の角膜の厚さが必要となり、元々の体質として必要となる角膜の厚さがない人は削ることで合併症を引き起こす恐れがあるためレーシック手術を受けられません

また、手術を受ける前の段階から、角膜や、その他眼球に異常のある人も受けられないでしょう。元々の疾病を悪化させる恐れがあるので控えた方が無難です。妊娠中、授乳中の方もホルモンバランスの関係で、通常と視力や体質に変化が現れていることが多いのでレーシック手術を受けることはできません。

また感染症を防ぐための薬なども、処方できない段階にあります。出産が済んでホルモンバランスなどが元通りになってからであれば問題ありませんので、改めて相談しましょう。

角膜の厚さだけがネックである場合には、使われる機器によっては可能な場合もありますので、角膜が薄い人向けの機器を扱っているクリニックを探すともしかしたら手術を受けられるかもしれません。

名古屋のレーシック手術@失敗しないクリニック選び

「レーシック手術」は、メスを使わない手術です。「エキシマレーザー」という冷たいレーザーともいわれるレーザーを照射することによってメスの代わりとします。 また麻酔も点眼麻酔で痛みもありません。全く刃物な ...

続きを見る

-レーシック情報

error: Content is protected !!

Copyright© 名古屋のレーシック手術@失敗しないクリニック選び , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.